オリックス銀行カードローンは担保も保証人も必要ない

銀行からお金を借りるとなると手続きが面倒、担保や保証人が必要なのではないかと感じる方も多いですが、オリックス銀行で借りるカードローンの場合にはどちらも不要となります。担保も保証人も用意をする必要が無いので、自分自身の信用ひとつでお金が借りられるようになるのです。

 

 

オリックス銀行カードローンの申し込みは来店不要となり、契約も同じく来店不要です。自宅にいながら手軽にカードローンの契約が進められ、誰にも知られずに内緒で手続きを進めることも可能です。

 

担保や保証人が必要となると周りに内緒でお金を借りるのは不可能に近いですが、保証会社の保証を利用する契約となるオリックス銀行カードローンであれば、周りに知られずに内緒で秘密でキャッシングローンの利用が出来るのです。

 

個人向けの無担保ローンとなるオリックス銀行カードローンであれば、使い道も特には縛られていません。個人向けローンのために生計費などの消費性資金としての利用に限られ、事業としての借り入れはできませんが、個人が使うのであれば自由なのです。

 

生活費や各種支払いなど、普段の暮らしでお金が足りないときにはオリックス銀行カードローンは大変便利で、何かと困ったときに頼れる借り入れ先となってくれるのです。

 

保証会社を利用するために保証人も担保も不要

オリックス銀行カードローンは、申し込みをすると保証会社による審査が行われます。他の銀行カードローンでも同様ですが、保証会社の保証といった契約となるので、担保や保証人を用意しなくて良いのです。

 

オリックス銀行カードローンの場合には保証会社が2社用意されており、オリックス・クレジット株式会社か新生フィナンシャル株式会社のどちらかの保証が受けられれば、審査に通過といった手続きとなります。保証会社が2社あるからといって申し込みを二度行わなければならないわけではなく、一度の申し込みでどちらの保証を受けられるか審査を行ってくれます。

 

無担保で借りられるカードローンとして、オリックス銀行カードローンは安心の手続きとなります。保証会社が2社あるということは、若干ながら審査に不安を抱える方でも拾ってもらえる可能性があるため、収入が多くないとしても安定している方は、新生フィナンシャル株式会社による保証が受けられる場合もあるのです。

 

保証会社と審査の関係やオリックス銀行カードローンの基本情報については、詳しい内容がオリックス銀行カードローンの保証審査の内容で書かれているので、申し込み前に見ておくと良いでしょう。

 

審査落ちになってしまう意外な原因

カードローンの審査では、ささいなように思えることでも審査落ちになってしまう場合があります。申し込みのときには細心の注意を払うことで審査落ちになることを防ぐことも可能なのです。

 

申し込みの時に特に気をつけたいのがカードローンの会社からの電話連絡、もしくはメールでの連絡です。審査の手順のなかには本人に対する契約の意思確認が必ず含まれていますが、それ以外にも書類や入力した内容の不備についての修正依頼などもあります。

 

もし、カードローン会社からの着信や連絡に気づかなかった場合、審査落ちになってしまうことがあります。カードローンの審査では、何時までに連絡がつかなかった場合見送りといったような基準が設けられていることもあるのです。

 

なぜこのような基準で審査落ちになってしまうかというと、審査では返済能力のほかにその人物が融資するに適した人物であるかも見ているからです。緊急に連絡が必要な時にちゃんと連絡がつくのか、こまめに自分から連絡を入れてくれる人物であるのか、といったような返済資質も審査ではひとつの基準になります。

 

時間があいた時に連絡すればいいだろうと考えていて、審査見送りの通知を受け取ってしまうことのないよう、審査を受けている最中は向こうからの連絡にはすぐに反応するようにしましょう。

 

計画的に利用をして今後の審査に備える

今現在の借り入れはもちろんですが、今後のカードローンやクレジットカードの審査を考える上でも、利用は計画的に進めるべきです。余計な借り入ればかりをしていては返済に問題が出てしまい、今後の審査にも悪影響を与えてしまう可能性があります。

 

基本は1社でのカードローン利用に留めて余裕のある返済を心がけるのが重要ですが、利用先が増えてしまった場合には、オリックス銀行カードローンでも利用が出来る借り入れの一本化、おまとめローンを考えてみましょう。おまとめローンなら返済が楽になりますので、完済へ向けて順調な返済が進められるようになるのです。

 

オリックス銀行カードローンだけに限らずおまとめローンの利用を考える場合には、詳しく書かれているおまとめローンの金利で基本情報を見ておくと役立ちます。