チェックしておきたい審査項目

ほとんどのカードローンには審査が存在しており、審査に合格して初めて借入が可能となります。審査に落ちてもまた申し込むことはできますが、急いでいる方はカードローンは確実に利用したいはずです。

 

だからこそ、審査項目は一つ一つチェックしておきましょう。まず、最も影響するのは年収です。年収が多いほど返済が期待できるため、安定した収入があればそれだけである程度信頼されます。この年収は金額の大きさよりも、どれだけ安定して同じ職場に勤めているかがチェックされるので、勤続年数が増えるほど有利になります。

 

次に、他のカードローンの利用状況は必ずチェックされます。他社カードローンの借入が多いほど不利になりますが、決して虚偽の申告をしてはいけません。ちょっとだけ金額を減らすだけでも、それだけで大きく信用を失います。この情報はカードローン業者側が確かめられる情報なので、仮に嘘を付いてもすぐにバレてしまうのです。

 

仮に審査対策ができるとすれば、他社カードローンの点でしょう。その他の審査項目は簡単に変化させられるものではありませんが、他社カードローンの借入状況を良化させることは可能です。心当たりのある方は、そちらから対策してみましょう。

 

良化させるためには余裕のある返済を進める必要があるため、今の金利が高い場合には借り換えローンの利用を検討してみると良いです。